男性に薄毛をもたらす原因のひとつとなるAGAとは

img-1

男性の中には薄毛に悩んでいる人も多いことでしょう。


ひとたび薄毛に襲われると、自分の外見に自信が持てなくなったり、仕事や人間関係の面でどこか引っ込み思案になるなどの支障も来してしまうもの。



その原因としては頭皮環境の不衛生化であったり、食生活やストレス、睡眠不足などの生活習慣が問題視されることもあります。



その一方、AGAという病気によって引き起こされる薄毛症状も多く、若い年代からお年寄りにいたるまで幅広い人たちがこれに悩まされています。



AGAの仕組みはテストステロンと呼ばれる男性ホルモン、そして5αリダクターゼという特殊な酵素が相俟ってDHTという物質を作り出すことで発症します。



DHTは毛乳頭にて感知されることで毛髪の成長をストップさせ、毛細血管からそれ以上の栄養分を受け取らなくなることで薄毛が進行していきます。

またAGAはそのハゲ方にも特徴があり、主に頭頂部や額の両サイド、またはその療法にて広がっていきます。

この症状を改善させるにあたっては、信頼できるクリニックで専門のAGA治療を受けなければなりません。



まず用いられるのはフィナステリド配合の飲み薬で、プロペシアと呼ばれるもの。

これを一日一錠服用すると5αリダクターゼの2型の働きが抑制され、DHTが分泌されにくくなります。

一方、ミノキシジルという成分を配合した付け薬も便利です。



これを頭皮に塗ると毛細血管が拡張してより多くの栄養分が毛乳頭へ運ばれるようになります。



このように飲み薬と塗り薬が効果をうまく効果を持続させることで、頭髪の悩みは大いに解消されて、確かな発毛結果が得られるはずです。



関連リンク

img-2
AGAとは〜男性だけでなく女性にもあてはまる脱毛症

AGAとは、男性型脱毛症を意味します。成人男性に多く見られる薄毛の状態のことです。...

more
img-2
育毛対策のためのシャンプー選び

抜け毛が増えたり、髪のボリュームが少なくなったことが気になってしまうことがあります。そのようなときの育毛対策のひとつにシャンプーに気を配ると言うことがあります。...

more
top