AGAとは〜男性だけでなく女性にもあてはまる脱毛症

img-1

AGAとは、男性型脱毛症を意味します。



成人男性に多く見られる薄毛の状態のことです。

原因は様々ですが、最も大きな要因と言われているのは、男性ホルモンです。

と言っても、男性ホルモンそのものが薄毛の原因になるのではありません。



特定の酵素が分泌されることにより、男性ホルモンが発毛を抑制させる物質に変換されてしまうことが原因です。



そのため、AGAの治療においては特定の治療薬を使用することで、この酵素の分泌または作用を抑制することに重きが置かれます。



この特定酵素の分泌には個人差があり、また遺伝が関係している場合もあります。



よって治療の効果の出方にも個人差がありますが、治療薬の場合は、服用者の年齢が若ければ若いほど、そして継続して服用し続ければし続けるほど、高い効果があらわれると言う結果も残されています。



ですから、もし自分の抜け毛や薄毛がAGAかもしれないと疑われた場合には、それが進行してしまわない内に専門治療を受けることが大切です。

そしてAGAは、女性にも該当する脱毛症です。



女性の場合は、男性のそれと区別するために、頭文字に女性を意味する英単語『Female』の『F』をつけ、FAGAと表現されることもあります。



女性の体内にも男性ホルモンは存在しているため、女性の場合も、これが発症するメカニズムは男性と変わりありません。女性ホルモンの量が加齢や出産、ストレスなどを原因として減少すると、より男性ホルモンの影響が強く出てしまうため、これを発症してしまうと言う具合です、また女性ホルモンには、発毛や髪を守る作用があるため、その減少によって発毛がうまくいかないことにつながることも発症原因のひとつと言えます。


こちらの場合、女性ホルモンに似た作用のあるイソフラボンを、大豆食品などで補うことが有効です。

関連リンク

img-2
育毛対策のためのシャンプー選び

抜け毛が増えたり、髪のボリュームが少なくなったことが気になってしまうことがあります。そのようなときの育毛対策のひとつにシャンプーに気を配ると言うことがあります。...

more
img-2
AGAとは〜男性だけでなく女性にもあてはまる脱毛症

AGAとは、男性型脱毛症を意味します。成人男性に多く見られる薄毛の状態のことです。...

more
top