AGAは早期治療が大切

img-1

AGAとは男性型脱毛症のことで、ここ数年で、広く一般的に知られるようになりました。



AGAの特徴として、側頭部や後頭部の毛は残っていて、頭頂部と前頭部の抜け毛だけが著しいという事です。



ただし、必ずしも部分的に症状が発生するわけではなく、複合的に発生し、広範囲にわたって脱毛が進行するケースもあるので注意が必要です。



AGAの疑いを感じた場合には、早期に治療を開始する事が非常に重要となります。



抜け毛が進行すればするほど治療は難しくなるため、育毛剤では効果が薄くなってしまいます。



シャンプーなどをしている時に、手に付く抜け毛が多くなったり、枕につく抜け毛が増えていたり、細い髪の毛も抜けるようになったりしたら注意が必要です。

また、毛が細くてコシがなくなってきたり、頭皮が脂っぽくてべたっとしているといったような症状を感じた場合も注意が必要です。



ひと昔前までは、ハゲというと、40代以降のイメージがありましたが、AGAは、20代から30代頃から徐々に進行していく事もあるため、まだまだ若いから大丈夫と油断する事は禁物です。



まさか自分ははげないだろうと思い込んでいると、知らぬ間にAGAが進行してしまうかもしれません。
少しでも抜け毛が多くなったり、抜けた落ちた毛の毛根が力なくやせ細っていたり、スタイリングをする時にボリュームが出なくなったり感じた場合には、早期にヘアケアをスタートすると、より効果が期待できます。



関連リンク

img-2
AGAとは〜男性だけでなく女性にもあてはまる脱毛症

AGAとは、男性型脱毛症を意味します。成人男性に多く見られる薄毛の状態のことです。...

more
img-2
育毛に効果がある食べ物

育毛にはバランスの取れた食事が大切です。髪の毛を作るのに欠かせない栄養素は、タンパク質です。...

more
top